カテゴリーリスト

営業カレンダー

営業時間:平日10:00〜17:00 定休日:土日祝日、年末年始
2021年 05月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
今日
休業日
2021年 06月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    

MM Style会員

お買い物ごとにポイント付与。さらに商品のお気に入り登録など、ショッピングに便利な機能もお使い頂ける会員登録はこちら!

 

・SSTスペシャルシート > SST 3D エアロシリーズ

   このエントリーをはてなブックマークに追加
SST 3D エアロシリーズ
■職人が手作業で立体整形する3Dエアロシリーズ

スーパースポーツはスタイリッシュでスポーティなデザインが魅力だが、シートの形状に関してはデザインよりもコスト優先の感が否めない。SSモデルのデザインに見合ったスタイリッシュで機能的なシートが必要だ!ということで開発したのが「SST 3Dエアロ」シート。
ノーマルの表皮を剥がしてから10mm程のアンコを盛り、厚みに部分的変化を持たせることで特徴的な立体フォルムを形成する。独自のシート形状で腰をずらした時のホールド性も向上し、SSモデル特有の膝の曲がりのきつさも緩和してくれる。

SSTスペシャルシートの製作を手掛けるのは、オートバイ用シート専門の老舗ファクトリー「マルナオ」。
表皮の裁断、縫製、張り込み、アンコの加工などは、それぞれ専門の職人が担当する分業制を取ることで高いクオリティを実現しています。

ノーマルシートに10mm程のアンコを張り付ける。一点一点手作業で立体形状に仕上げていく。相当の手間が掛る難しい作業だ。
足着き性やホールド性を考えて削り出されたアンコの完成。 張り込む生地は立体的な形状に合わせるため、複数枚にわたる。
裁断された表皮を丁寧に縫い合わせていく。熟練した力加減でアンコの形状を崩さないように張り込んで完成だ!
SST 3D エアロシリーズを
ムービーで紹介!

KAWASAKI ZX-10R(2011年式以降)とHONDA CBR1000RR(2008年式以降)用を、オートバイ誌のテストライダー宮崎敬一郎がレポート。

車種ラインアップ

ご利用ガイドお問い合わせフォームはこちら個人情報保護ポリシーはこちらご利用案内