特集
  • クリーガ

総合ランキング

TTPL ツーリングバッグ touring40 マットブラック
TTPL ツーリングバッグ touring40 マットブラック
マックスフリッツ(MaxFritz)MESHED INNER PROTECTER(メッシュインナープロテクター)
マックスフリッツ(MaxFritz)MESHED INNER PROTECTER(メッシュインナープロテクター)
東本昌平 RIDE オリジナルジーンズ 750BLACK
東本昌平 RIDE オリジナルジーンズ 750BLACK
TTPL ツーリングバッグ touring25 マットブラック
TTPL ツーリングバッグ touring25 マットブラック
東本昌平RIDE 道標(みちしるべ)ワッペン
東本昌平RIDE 道標(みちしるべ)ワッペン

MM Style会員

お買い物ごとにポイント付与。さらに商品のお気に入り登録など、ショッピングに便利な機能もお使い頂ける会員登録はこちら!

会員登録

営業カレンダー

営業時間:平日10:00〜17:00
定休日:土日祝日、年末年始

2019年 12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
今日
休業日
2020年 01月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

モーターマガジン社の雑誌 > バイカーズステーション(Bikers Station) > Bikers Station 2020年1月号

Bikers Station 2020年1月号

商品番号
50220a
【大特集】オートバイのフレームの歩み 【海外サーキット試乗】ドゥカティ パニガーレ V2 【内外ショー】EICMA2019 / 東京モーターショー2019
ブランド
商品価格
1,100 税込
ショップポイント
0pt

送料案内

数量

品切れ

  • お気に入りリスト
  • 友達にすすめる
  • 商品についての問い合わせ
【特集】
『オートバイ・フレームの歩み』
〇オートバイ・フレームの進化をたどる
〇スチールパイプの話
〇鉄フレーム車を見る
〇アルミフレームの登場で時代が変わる
〇ツインスパー化への道程
〇RC30はどのような手法でワークスマシーンに最大接近したのか
 
◎2020 Honda CBR1000RR-R FIREBLADE(STD/SP)
・車両詳細解説
 
◎Ducati Panigale V2
・試乗 / 車両詳細解説
 
◎EICMA2019 / 第46回 東京モーターショー 2019
 
◎カワサキが現代の技術で造るZ1/Z2用シリンダーヘッド
・製造工程の詳細解説
 
◎Bitubo XXF31 and ECH
 
◎2019 MotoGPリポート 第16〜19戦
 
◎第5回 スズキ V-Strom Meeting 2019
 
◎New Models
New Model
・HONDA ゴールドウイングシリーズ
・HONDA CRF1100Fアフリカツインシリーズ
・KAWASAKI W800
New Color
・YAMAHA ナイケン / ナイケンGT
・KAWASAKI ヴェルシスX 250ツアラー
 
【連載】
◆BMW Flat Twin History
「歴代Rモデルのシャシーの変遷をたどる」後編 上
◆Honda Power Products
「日本で一番売れている除雪機」
◆藤田秀二の “トライアル紀行”
◆吉村誠也が徹底的に遊ぶ “XJ900の爽快チューン”
◇EURO YESTERDAY「ギャリー・ホッキング」
◇MAIL BOX 読者の投稿とクラブニュースなど
◇Present
◇RACE & EVENT INFORMATION レース・走行会を紹介するページ
◇Back Numbers / 公式ウェブサイトのお知らせ
◇バイカーズステーション独自の詳細諸元表
◇奥付と広告索引 etc
 
※今月は、“バイクを愛でる”を休載します。
 
<編集部より>-----------------------------------------------
 
「ホンダOBのふたりに聞く オートバイ・フレームの歩み」
オートバイのフレームは、どのように進化、あるいは
変化してきたのだろうか。その道程を知りたくはなかろうか
そこで、元ホンダの名技術者である、本多和郎さんと
小澤源男さんを質問攻めにした。その甲斐…ありと思うが
 
「ついに発表された2020年型82ホンダ CBR1000RR-R」
ホンダのCBR1000RRがモデルチェンジした
その車名はCBR1000RR-R。STDとSPの2種あるのは
これまでどおりだ。Rが3つもつくのだから
さぞや素晴らしかろう。試乗するのが大いに楽しみなり
 
「和歌山利宏の海外試乗+解説 ドゥカティ パニガーレ V2」
1000cc以下の排気量を持つVツインを搭載する
新しいミドルクラスパニガーレである。試乗した和歌山さんは
ベタ褒めである。長年にわたる我々の試乗経験では
いちばんデカイのより、その下のほうが走りがよかったのである

この商品についてのレビュー

入力された顧客評価がありません。

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く

ご利用ガイドお問い合わせフォームはこちら個人情報保護ポリシーはこちらご利用案内