特集
  • RIDEジーンズブラック
  • クリーガ

総合ランキング

TTPL ツーリングバッグ touring40 マットブラック
TTPL ツーリングバッグ touring40 マットブラック
マックスフリッツ(MaxFritz)MESHED INNER PROTECTER(メッシュインナープロテクター)
マックスフリッツ(MaxFritz)MESHED INNER PROTECTER(メッシュインナープロテクター)
東本昌平 RIDE オリジナルジーンズ 750BLACK
東本昌平 RIDE オリジナルジーンズ 750BLACK
TTPL ツーリングバッグ touring25 マットブラック
TTPL ツーリングバッグ touring25 マットブラック
【SALE50%OFF】56design×EDWIN 056 Rider Jeans WILD FIRE/ライダージーンズ ワイルドファイア
【SALE50%OFF】56design×EDWIN 056 Rider Jeans WILD FIRE/ライダージーンズ ワイルドファイア

MM Style会員

お買い物ごとにポイント付与。さらに商品のお気に入り登録など、ショッピングに便利な機能もお使い頂ける会員登録はこちら!

会員登録

営業カレンダー

営業時間:平日10:00〜17:00
定休日:土日祝日、年末年始

2017年 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
今日
休業日
2017年 11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
休業日
 

モーターマガジン社の雑誌 > バイカーズステーション(Bikers Station) > Bikers Station 2017年11月号

Bikers Station 2017年11月号

商品番号
50217l
2017年9月30日発売   【特集】SUZUKI GSX-R 1000 開発者が語る進化の過程 【第2特集】平成28年排出ガス規制で姿を消す継続生産車 BMW フラットツインヒストリー
ブランド
商品価格
1,000 税込
ショップポイント
0pt

送料案内

数量
かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 友達にすすめる
  • 商品についての問い合わせ
※こちらの商品はショップポイントが付与されません。予めご了承ください。

【特集】
『SUZUKI GSX-R 1000』
◯GSX-R 1000R ABS ツーリング試乗
◯公道で使えるのは何馬力か?
◯3点の写真で歴代のGSX-R 1000を眺める
◯開発者たちが語るGSX-R 1000の進化
・GSX-R 1000 K1 〜 GSX-R 1000 K3
・GSX-R 1000 K5
・GSX-R 1000 K7
・GSX-R 1000 K9
・GSX-R 1000 L2 〜 GSX-R 1000R L7
◯新登場の“R”を2012年型と比較しつつ解説
◯モトGPの技術で上限回転数と最高出力を高めたエンジン
◯新しいアルミフレームを開発、車体関連の諸寸法も見直す
◯ボディパーツ一新。新たな外観を得ても個性は継承
◯スリムなカウルなどで新たなハンドルまわりを構築
◯外した外装パーツを並べて一望する
◯2010年以降のGSX-R1000 全塗色
◯SUZUKI GSX-R 小史
◯バイカーズステーションにおける、これまでの主なGSX-R記事
◯王座決定戦のこれまで

【第2特集】
『平成28年排出ガス規制によって姿を消す継続生産車』

◎ガルーダ 鈴木さんの考え方

◎新・快調カタナの造り方 連載 第13回
「ニューヘリテイジモデルの製作 完成・点検編」

◎BMW フラットツインヒストリー 第13回
「R100RTとR80G/S」

◎2017 モトGPリポート:第12〜13戦

◎New Models
・KAWASAKI NINJA 650 KRT Edition
・KAWASAKI NINJA H2R
・HONDA ジャイロX / ジャイロキャノピー
・SUZUKI レッツ / レッツ バスケット
・SUZUKI アドレスV50

【連載】
◆藤田秀二の “トライアル紀行” 第123回
「イーハトーブトライアルは次世代の育成を目指す」

◆中野仁史の “バイクを愛でる” 第101回
「ブレヴァ750を再度走らせる その15」

◆吉村誠也が徹底的に遊ぶ “XJ900の爽快チューン” Part 160
「いつもとは異質なページ構成で、
最新の造り物とツーリングを紹介する」

◆Euro Yesterday(隔月連載)
「1970年6月12日 マン島セニアTT」

◇MAIL BOX 読者の投稿とクラブニュースなど

◇RACE & EVENT INFORMATION レース・走行会を紹介するページ

◇Back Numbers /
バイカーズステーションのバックナンバーとウェブサイトのお知らせ

◇隔月連載 バイカーズステーション独自の詳細諸元表
]

------編集部より-------------------------------------------

巻頭特集「スズキ GSX-R 1000」
8年ぶりに、車体、エンジンとも新設計となったGSX-R 1000
このモデルについては、すでに何回か記事を作っているが
今月は、GSX-Rの誕生にも目を向けた特集をお送りする
K1からL7への歩みを開発者たちが語るページは必読と思う

大きく変化した
日本の4メーカーのラインアップ
内燃機関を使う乗り物は、年々、排気ガスの浄化を求められる
そして、それに対応できない、あるいは対応しない機種には
生産の継続が許されない。平成28年排出ガス規制によって
姿を消すオートバイたちと、規制そのものに注目する

BMW フラットツイン・ヒストリー

もう1年も続くこの連載には、何度もスターといっていい
モデルが登場した。最初の作品である1923年のR32は
その筆頭だし、前回のR100RSもまたそうした一台である
で、今回の主役はR80G/S。これも名車中の名車だ

-------------------------------------



【Bikers StationオフィシャルWEB】
 こちらも、ぜひご覧ください。
  http://bikers-station.com/official_website.html

この商品についてのレビュー

入力された顧客評価がありません。

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く

ご利用ガイドお問い合わせフォームはこちら個人情報保護ポリシーはこちらご利用案内