特集
  • RIDEジーンズブラック
  • クリーガ

総合ランキング

TTPL ツーリングバッグ touring40 マットブラック/モーターマガジン Web Shop 別注カラー
TTPL ツーリングバッグ touring40 マットブラック/モーターマガジン Web Shop 別注カラー
マックスフリッツ(MaxFritz)MESHED INNER PROTECTER(メッシュインナープロテクター)
マックスフリッツ(MaxFritz)MESHED INNER PROTECTER(メッシュインナープロテクター)
東本昌平 RIDE オリジナルジーンズ 750BLACK
東本昌平 RIDE オリジナルジーンズ 750BLACK
TTPL ツーリングバッグ touring25 マットブラック/モーターマガジン Web Shop 別注カラー
TTPL ツーリングバッグ touring25 マットブラック/モーターマガジン Web Shop 別注カラー
【SALE40%OFF】56design×EDWIN 056 Rider Jeans WILD FIRE/ライダージーンズ ワイルドファイア
【SALE40%OFF】56design×EDWIN 056 Rider Jeans WILD FIRE/ライダージーンズ ワイルドファイア

MM Style会員

お買い物ごとにポイント付与。さらに商品のお気に入り登録など、ショッピングに便利な機能もお使い頂ける会員登録はこちら!

会員登録

営業カレンダー

営業時間:平日10:00〜17:00
定休日:土日祝日、年末年始

2017年 08月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
今日
休業日
2017年 09月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
休業日
 

モーターマガジン社の雑誌 > バイカーズステーション(Bikers Station) > Bikers Station 2017年8月号

Bikers Station 2017年8月号

商品番号
50217h
2017年6月30日発売 【特集】ホンダ CBR 1000RR 2017年型の詳細とCBR 1000RR史 【レポート】レブル250 / 500 ・ KTM新単気筒デューク BMW フラットツイン ヒストリー 第11回
ブランド
商品価格
1,000 税込
ショップポイント
0pt

送料案内

数量
かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 友達にすすめる
  • 商品についての問い合わせ
※こちらの商品はショップポイントが付与されません。予めご了承ください。

【特集】
『ホンダ CBR 1000RR』
〜2017年型2モデルの詳細とCBR 1000RRの歩み
◯主要開発技術者8人に聞く
◯ホンダが公開したさまざまな技術
◯4種の条件下における試乗報告
◯右真横12分の1写真と実測データ 2017年〜2004年
◯2004〜2014 CBR 1000RRの歴代モデルを振り返る
◯大きく進化した最新モデルを詳細に解説
◯並列4気筒は2008年型の基本を踏襲しつつ高出力化
◯骨格は剛性バランスを見直して重量削減。SPは電子制御サスに
◯外装を小型にして重量を削減、よりスリムな外観に
◯ハンドルまわりや灯火類など各部の装備を見る
◯レーサーへの改造も可能なSP2とレースベース車
◯2017年型CBR 1000RR SP / CBR 1000RR 詳細諸元表

【レポート】
『ホンダ レブル250 / 500』
◯開発者に試乗の感想を語るとともに質問をする

『KTM 125 Duke / 250 Duke / 390 Duke』
◯サーキット試乗で走りのよさを実感

◎人車一体感を作るもうひとつの要・第3回
「ブーツ編」

◎新・快調カタナの造り方 連載 第10回
「連載に登場する教材車の、試乗と解説の掲載予告」

◎BMW Flat Twin History 第11回

◎トライアル連載 第2回
「ホンダ トライアル マシーンの進化」

◎2017 モトGPリポート:第6〜7戦

◎New Models
・SUZUKI V-STROM 1000 ABS / 1000XT ABS
・SUZUKI V-STROM 650 ABS / 650XT ABS
・YAMAHA STAR VENTURE

【連載】
◆ケンツ見聞録
「1999年7月号から見聞録はスタート。当時のケンツは若く、
実に“レーシング”だった」

◆MAC TOOLS拝見 第23回
「カートリッジ式エンジンオイルフィルターの脱着専用工具。
その変わり種を見る」

◆藤田秀二の “トライアル紀行” 第120回
「トライアル世界GP V10の“絶対王者”トニー・ボウが見せた
強さの秘密と日本人ライダーたちの挑戦に沸いた2日間」

◆須貝的レーシングライフ 第81回
「全日本の最上位クラスにアプリリアで挑戦」

◆吉村誠也が徹底的に遊ぶ “XJ900の爽快チューン” 第157回
「未決の問題の他にトラブルも生じたが、15年間で
最良の走りが実現」

◆この、工具はこうして使え 最終回
「うまい工具使いになるために、
よく見、よく考えたあとで繰り返す」

◇MAIL BOX 読者の投稿とクラブニュースなど

◇RACE & EVENT INFORMATION レース・走行会を紹介するページ

◇Back Numbers / ウェブサイトのお知らせ

◇沼尻新の観察ノート 第106回
「モトベカン MB 1 (1923〜)」

※「バイクを愛でる」は休載します。


------編集部より-------------------------------------------

パワーウェイトレシオと軽量化
新時代に切り込むCBR1000RR
RC213V-Sが証明したのは車重が軽いことの意味
多くのホンダマン/ウーマンがこれを体験したはずである
それがCBR1000RR 2017年型のバックボーンであろう
少なくとも我々はそう信じてこの特集を作った

気軽に乗れる、ちょうどいいクルーザー
レブル250/レブル500
ガチガチのオートバイマニアがいれば、緩いバイク好きもいる
その両方に、250と500のレブルが受け入れられるといい
基本となるコンセプト、設計の実際、スタイリング
そのどれもが新しい取り組みが感じられるからである

KTMの125/250/390デューク
その解説とサーキット試乗
サーキットだけを走って全般的試乗記を書くのを
好まないことは何度も書いた。でも、サーキットを楽しく走って
それをリポートするのは、まったく正当なことである
そこで我々がおすすめするのは、最小の125デュークだ
 



【Bikers StationオフィシャルWEB】
 こちらも、ぜひご覧ください。
  http://bikers-station.com/official_website.html

この商品についてのレビュー

入力された顧客評価がありません。

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く

ご利用ガイドお問い合わせフォームはこちら個人情報保護ポリシーはこちらご利用案内