• Tシャツ特集

営業カレンダー

営業時間:平日10:00〜17:00
定休日:土日祝日、年末年始

2017年 07月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
今日
2017年 08月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   

MM Style会員

お買い物ごとにポイント付与。さらに商品のお気に入り登録など、ショッピングに便利な機能もお使い頂ける会員登録はこちら!

 

セレクトグッズTOP > プロライド(ProRide)クロスバイク GTB A-60
セレクトグッズ > 自転車 > 車両 > プロライド(ProRide)クロスバイク GTB A-60

プロライド(ProRide)クロスバイク GTB A-60 プロライド(ProRide)クロスバイク GTB A-60 プロライド(ProRide)クロスバイク GTB A-60 プロライド(ProRide)クロスバイク GTB A-60 プロライド(ProRide)クロスバイク GTB A-60 プロライド(ProRide)クロスバイク GTB A-60 プロライド(ProRide)クロスバイク GTB A-60 プロライド(ProRide)クロスバイク GTB A-60 プロライド(ProRide)クロスバイク GTB A-60
プロライド(ProRide)クロスバイク GTB A-60 プロライド(ProRide)クロスバイク GTB A-60 プロライド(ProRide)クロスバイク GTB A-60 プロライド(ProRide)クロスバイク GTB A-60 プロライド(ProRide)クロスバイク GTB A-60
プロライド(ProRide)クロスバイク GTB A-60 プロライド(ProRide)クロスバイク GTB A-60 プロライド(ProRide)クロスバイク GTB A-60 プロライド(ProRide)クロスバイク GTB A-60
拡大画像

プロライド(ProRide)クロスバイク GTB A-60

商品番号
18153
街中からクロスカントリーまで楽しめるマルチ性能。
ブランド
プロライド
商品価格
税込
ショップポイント
0pt

送料案内

数量

品切れ

  • お気に入りリスト
  • 友達にすすめる
  • 商品についての問い合わせ

本製品は輸送の都合上、組み上げ検品を行ったGTBを再び分解し梱包しています。そのため、お届けした商品は、お客様自身で荷解き及び一部の組み立てを行なって頂く必要があります。購入の際は、ご理解の上、ご注文手続きへお進みください。

 

>>組立マニュアル(PDF)はこちら

 

■お届けについて
こちらの商品は、メーカーより直接配送いたします。
通常3-5営業日での発送予定です。
※欠品の場合は、上記日程での発送ができません。予めご了承ください。


  • ■日本人に合わせた専用設計のフレーム。
  • ■フロントサスペンション、ディスクブレーキ、ギアを装備。
  • ■初心者から経験者まで楽しめる奥深さ。

GTB A-60は、グランド(Ground)ツーリング(Touring)バイク(Bike)、それぞれの頭文字を取った、ProRideオリジナルカテゴリーのバイクです。
一番の特徴は、日本人の体形と力学的観点から導き出したオリジナルフレーム。開発者でありプロマウンテンバイクライダーの江崎氏が、現役の時間を研究に費やし、製品として成立しない角度や長さにもあえて挑戦することで生み出しました。さらに、フロントサスペンション、ディスクブレーキ、ギヤを標準装備。普段の移動はもとより、週末のサイクリング、クロスカントリーまで一台で楽しめる仕様となっています。

■ブランド紹介

ProRideはライディングパフォーマンスの限界への挑戦と、ライダーサポートを目的として2006年に発足したプロジェクト。 現在では活動が強化され、クロスカントリーやシクロクロス系などのダート系競技車両、および一般車両の販売を主軸に、全国各地のプロショップ推薦によるカスタマーレースサポート、自転車安全講習会の事業を展開しています。
レース活動には自身のレーサー経験をフィードバックし、ライダーそれぞれの目標を達成できるプログラムを用意。年齢や経験に応じたトレーニング方法やマシンセッティングアドバイスまで、プロフェッショナルを目指した育成を行なっています。

■開発者、江崎孝徳氏からのコメント

GTB A-60は普段の移動はもとより、ライディングをきっちりできるクロスバイクとして仕上げました。街中を走るにはオーバースペックとも思える装備を奢っていますが、これは、サイクリングの魅力に取りつかれ、フィールドを広げても大丈夫なように設計しているからです。まずは、気軽に楽しむことから始め、経験と体力をつけてどんどんチャレンジして下さい。ミニマムモビリティと言えるクロスバイクGTB A-60で、マキシマムな感動を味わってもらえれば幸いです。

【江崎孝徳プロフィール】
1974年生まれ。
プロマウンテンバイクライダー、元サスペンションメーカー ワークスライダー、Pro Ride主宰

<実績>

2001年

日本人初のアジア・全日本・ナショナルランキング・シリーズ総合チャンピオンの4冠獲得。

2003年

UCI(世界)ランキングアジアNo.1。

現在世界選手権大会のアジア記録保持者。

 

自転車技術開発の歴史は高校時代にフレーム設計&製造に始まり、

  • ・ダウンヒルバイクの設計

  • ・スカンジウム合金を用いたバイク開発

  • ・世界ラリー選手権で戦うブレーキ技術を応用した自転車用ブレーキパッドを開発&販売

  • ・フォミュラーカーのカーボン技術を用いたコンポジットホイールの開発&テスト

など多数。近年ではエレクトリックAWDアシスト自転車の開発において、トラクションコントロールなどの制御技術アドバイスを行なっています。

「走る」「曲がる」「止まる」がフレームコンセプト

もしもあなたが、3ミリのサドルの高さ違いを体感できるとしたら。1ミリの高さの違いにこだわり、さらには1グラム、1秒の違いに重きを置きパフォーマンスの向上に余念がないとしたら・・・。
仮に股下長さが80cmあるとして、膝下長さが42cmのライダーと45cmのライダーが同じサドルの後退幅で良いはずがないとプロライドは考えています。最適な姿勢でペダルを漕ぐことが最大の推進力を生む。この概念をプロライドでは骨格力学と呼んでいます。つま先から指先までの重要なポイントの長さや角度と、慣性モーメントを考慮した最適なポジショニングから導くジオメトリによって生まれたのが、GTBのフレームなのです。

フレーム剛性のチューニングは国内に平坦が少ないことから、登り坂では力強いトルクを、下り坂では自然なハンドリングの実現を目標にしました。
そこで採用したのが、ヘッド部、メインフレーム部、リヤフレーム部をトライアングル構造とした「トリプルトライアングルフレーム」。少ない材料で大きな入力を受け止めながら剛性を得ることのできるフレーム構造です。このおかげで、リアエンドにかけてはしなやかさを持つフレームチューブを選択することができ、前後の剛性バランスの最適化が可能となりました。

実際の乗り心地は、大きなペダリングトルクが発生する登り坂では、真円チューブが自然なネジレを発生させ、ペダリングにリズミカルなテンポを与えます。特に、上り勾配の3〜5%程度の勾配において最大ペダルトルクが発生し、上半身はリラックスしている状態が感じられるように計算しています。
逆に、スピードが高まりやすい下り坂では、 直線は安定し、コーナーリング時は機敏さが感じられる懐の深いハンドリングを楽しんでいただけます。コーナーリングのきっかけを作るブレーキングで起こるフロント荷重の動きに対し、フレームがしっかりと反応できるように剛性を高めた一方、遠心力がライダーに届く次の動きには、リアフレームが動きに連動してサポートするような自然なネジレを発生させるチューニングを施しています。
このように、日本人の骨格にマッチングが良好だけでなく、走行する道路の傾斜やバイクが発生する遠心力を活かすライディングが楽しめるフレームに仕上げています。

一般的にペダリングは、クランクを上下にストロークさせることで駆動力を発生していると思われていますが、実際は円運動。
プロライドでは、レシプロエンジンとサスペンション機構をヒントに、身体の骨格のもつパフォーマンスである骨格力学というユニークな発想を取り入れ、上死点と下死点(上下の力が0になる点)の考え方を見直しました。クランクシャフトから後方にオフセットした位置に乗車するポジションを設定することで、クランク運動に円弧の動きで上死点直後からペダルにパワーを伝え、理想的なトルク出力を実現。自然な足の動きで高い出力を生み出しつつも疲労を低減するという、相反する要求をハイレベルな次元で満たしています。
また、引き足で腹筋を効果的に使えるフォームがとれ、腹筋の強化はもちろん、腰痛の低減にもつながり、持久力向上と長期的なサイクリング活動を継続することができます。

ライディングレベルを高める3つの装備

■フロントサスペンション

フロントサスペンションの効果は、縮む事でハンドリングが俊敏になる点と、伸びることで安定が高まり、スリップダウンを防げる点。もちろん、路面の段差を和らげ乗り心地にも貢献する。

■ディスクブレーキ

通常のリムブレーキは、好条件では効きが良い反面、ピーキーすぎてコントロールが難しい。さらに、雨天などの悪条件となると性能が安定しないというデメリットがある。
ディスクブレーキはハブ軸から長いスポークを介在してタイヤを止めるため、スポークがバネの働きを担い、制動力の出し入れを行なってくれる。安定した制動力はもちろん、ロックもしにくいため、誰でも安全でスムーズにスピードコントロールができるのだ。

■ギア

街乗りクロスバイクでは珍しいとされるギヤを搭載。いくつもの山岳路を征服して欲しいという江崎氏の思いから採用された。フロント3段、リア8段からなるギヤにより、地形、路面を選ばない走破性が得られ、タフな山岳ルートでも意のままの走行が可能だ。

■クオリティポリシー

安全かつ快適に走行できるよう出荷前に完全な調整を行っています。走行試験を行い、各部品の作動、走行状態をチェックし、弊社規定の品質項目を満たしている製品をお届けいたします。

■カラーバリエーション

ステルスブラック

チームブルー

■スタンド選択オプション(無料)

左右のつまみで角度調整でき、自転車を水平に立てることができます。収納時はコンパクトに折りたためます。

街乗りには必須のキックスタンドはチェーンステーに固定する軽量タイプ。フレームに傷を付けない仕様です。

※両方をご希望の場合は1,620円(税込)にて承ります。

■マッドガードセット追加オプション(有料)

クイックな脱着も可能なマッドガードは微振動を吸収するステーの設計により、しっかりとタイヤに沿わせることができます。 スタイリッシュなデザインはGTBにベストマッチです。

※取り付けはお客様自身でお願いいたします。

■仕様

フレーム 6061 ダブルバテッドアルミニウム
フォーク SR SUNTOUR NEX DS-700C
ハンドルバー Φ31.8/600mmx25mm アルミ
ステム Φ31.8 x 105mm
グリップ VELO 130mm
シートポスト Φ31.6 x 350mm アルミ
クランク SHIMANO ALTUS 170mm
ペダル WELGO FLAT
シフター SHIMANO ALTUS
ブレーキ TEKTRO NOVELA
Fディレイラー SHIMANO TX-50
Rディレイラー SHIMANO ALTUS
ハブ JOYTECH
リム WEINNMANN XM-25 32H
タイヤ KENDA K1053 700C x 32C
付属品 スタンド、ベル、取扱説明書
カラー マットブラック、チームブルー
●ご注文方法(必ずお読みください)
1:

こちらの商品は購入後のご連絡はメーカーより差し上げます。通常のご購入方法とは一部異なりますことをご了承ください。

2:

まずは、ご希望のカラーを選択の上、購入手続きをしてください。

※代金引換はご利用頂けません。銀行振込、郵便振替、クレジットカードでのお支払いをお願い致します。

※メーカー直送品のため、他の商品と一緒のご購入はいただけません。一緒に購入された場合、購入をキャンセルさせていただくことがあります。

3:

ご注文完了後、当店から、「株式会社 エザキコーポレーション」に、お客様のご注文情報(個人情報を含む)を連絡します。

4:

「株式会社 エザキコーポレーション」からお客様宛に、メールまたはお電話をかけさせていただきます、ご注文の際に「質問覧」にお電話をかけさせていただく際のご希望の時間帯、ご質問、ご要望などをお書きください。

5:

その後は、「株式会社 エザキコーポレーション」より、ご注文内容、オプション、納入方法などを確認させて頂きます。

注:

この商品は、当店のポイントはつきません。また、ご購入の際にポイントをご使用になることはできません。ご了承ください。

商品やアフターサービスについてのお問い合わせ先

 ■ 株式会社 エザキコーポレーション 担当:江崎 孝徳 ■
  〒461-0002 愛知県名古屋市東区代官町38-15
 電話 052-935-8646(代)  ファックス 052-935-8657
 メール bicycle-info@ezakigroup.co.jp


 電話受付時間:月〜金曜/9:00〜18:00 定休日:土・日曜・祝日

この商品についてのレビュー

入力された顧客評価がありません。

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く

ご利用ガイドお問い合わせフォームはこちら個人情報保護ポリシーはこちらご利用案内